Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hmtrading/hmtrading.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

インド製品の最大メリット

 

[MAKE IN INDIA]:インド製品の最大メリット

 

インドとの貿易は、拡大傾向にある昨今。

モディー首相による  [MAKE IN INDIA]  が活発になり、今後も更に積極的な生産地として名乗りを挙げています。

 

レザーグッツ(シューズ・バッグ・レザーアクセサリー類)における

インド製の最大メリットを解説したいと思います。

 

 

 

 

 

<輸入関税>

 

レザーアクセサリーやレザーシューズなど

革鞄や革靴には、通常日本へ輸入する場合に輸入関税がかかります。

商品を輸入するときに、支払う税金のことです。

 

革靴であれば、約25~30%または1足あたり4,300円のどちらか高い方の関税が適用されます。

これは、非常に販売小売価格に影響する仕入れコストになります。

 

 

ヨーロッパやアメリカなどの先進国で製造された商品は、もともと価格が高めです。(アジアなどの国に比べて)

 

それに日本へ輸入された販売小売価格が、製造されている先進国の2倍から3倍になっていて驚くこともあります。

それの大きな要因は、主に関税にあることが影響しています。

仕入れコストに対して約30%の関税が足されると、販売小売価格も高くしなければ利益を取れなくなってしまいます。

輸入者にとっては、商品を輸入するときに関税を国に治めることは大切な義務です。

 

 

 

それでも

海外へ旅行などに行ったときに、日本より価格が安くて

つい買い過ぎてしまったりするこもあるのではないでしょうか?

しかもDUTY FREEなどで、旅行者はさらに消費税が免除できるお店もあるくらいです。

 

 

 

インドからの輸入では日本とインド間でEPA協定

(Economic Partnership Agreement:経済連携協定)が締結されており、

年々関税率が下がり続けています。

また2021年には、関税率も完全撤廃になる見通しが確実です。

 

 

これは、『非常に大きなメリットの一つ』です。

 

インド以外にも現在日本政府が自由貿易協定に積極的に動いていることで、

今後も更に関税率が下がる国が多くなってくる傾向にあります。

 

既にアジア圏からの輸入品に関しては、

特恵関税国やASEAN諸国などからの関税は引き下げられている状況です。

 

さらに最近の話題では、EUとの 日E経済連携協定(EPA) の署名を2018年7月に行いました。

また TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の話も進んでいる最中です。

 

 

それでも革靴などのレザー製品の関税は、

ヨーロッパからの輸入関税が完全撤廃までには10年以上も時間を掛けて撤廃していく予定となっています。

 

今すぐにブランド品が、すぐに安くなるわけではありません。

それでも確実に関税率は数パーセントでも減っていきますので、

楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

<生産地:インド>

 

生産地としてのインドとは:

私たち日本人にとっては 「中国」の方が地理的にも近く、身近な存在であったと思います。

「世界の工場」として急成長した中国は、今では製造業よりもIT企業や国内市場の発展に力を注いでいるようです。

また中国の賃金高騰により、「世界の工場」としては

もう低価格では難しくなってきているようです。

 

 

一方インドは、中国と共に急成長を続けてくているが、

中国ほどのスピード感はないものの、

安定して確実に成長しているように見えます。

賃金も高騰していますが、中国ほどのスピードではありません。

 

 

さらに歴史的にもイギリス統治時代から

ヨーロッパ文化の馴染み深い点など

先進国ともコミュニケーションが豊富です。

 

 

今のインドをみると、革の鞣し(なめし=タンニング)や革靴製造」 の歴史も

もともとはイギリス人からの指導もあり、

長年に渡り技術が浸透されている感じがします。

 

 

特に『グットイヤーウェルト製法』は、「イギリスの本格的な伝統革靴製法」であり、

その技術がインドに渡ってもうすでに長い年月が経っていることに驚きます。

 

 

そういった蓄積された 「職人技術とノウハウ」 は、

既に 本物の品質 を保てるようになっていると感じます。

 

インドは今でも発展途上であるものの、

製造技術面では安定した経験 を持っている状態にあると言えるでしょう。

 

 

 

その技術を持って、日本との貿易協定があることに

非常にメリットを感じます。

 

 

 

本物の技術を非常に良心的な価格で提供できる、

最大のコストパフォーマンスを実現できる国。

 

 

 

それが、今のインドなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。